1.デザイン作成のポイント-3/6
 1)トンボについて 2)アウトラインフォントについて
   
 3)DICカラーについて(本ページ) 4)塗り足しについて
   
 5)カードの印刷特性について 6)JIS規格について
           
3)DICカラーについて

 ※色指定する場合には、本項にて説明します「DICカラー」での指定をします。

 ※DICカラーガイド(色見本)は、iphoneおよびipad用に無料で配布されています。 
  詳細は、下記サイトをご参照ください。

   http://www.dic-graphics.co.jp/products/dcguide/index.html


 (1)色の指定は基本的には、「DICカラー」の番号にてご指定ください。

 (2)カラー番号が不明な場合は、カタログやチラシなど印刷物を「色
   見本」として、お送りください。

  ・・・ご希望の色を当方に伝えていただければ、そのように色を
    合わせて、作成することができます。

 (3)「4色」のインクを使用して印刷するオフセット印刷では、「CMYK」
  
の配合比を  指定して「色指定」をします。

    (下図の例をご参照ください.
     ただし、この場合にも「DICカラー」の指定があると便利です。)
  
    *CMYKでの指定の場合には、「4色印刷」となります。
    *C(シアン-青紫)、M(マゼンタ-赤紫)、Y(イエロー-黄)、K(黒)と
   いう色で 表現されます。

  ---------------------------------------------------------
   家庭用のインクジェットプリンターでは、「4色のインクで、すべての
   色を表現」しています。
   オフセット印刷の場合も、同様に、「4版(色)」で、すべての色を
   表現します。 

   「4版を使って印刷をする場合には「4色印刷」となります。
  ---------------------------------------------------------

 (4)3色以下の色数の場合には、CMYKの指定とともに、DIC番号での   
   指定がありますと厳密な色の指定ができます。

 
<参考>
*「印刷の世界」では、「CMYK」が標準ですが、画面表示の世界では、「R(赤)G(緑)
 B(青)」が標準となっています。
*「看板の世界」では、「マンセル」での色指定が標準です。
 


 ※4色を使用しない印刷物の場合には、DICグラフィックス様より 提供
   されている「カラーガイド」にて「色の指定をする」ことが、 一般的です。

 ※イラストレータでは、「CMYK」データを、「DICカラーに指定」 をする機能が
   あります。

  ※英米では、「PANTONE(パントーン)」での色指定をすることが一般的です。
    ・・・「パントーン」での色指定でも対応が可能です。

  
 

 (1)カード印刷の色指定-1色印刷

 下図マークの例では、「DIC2496P」の1色にて作成することができます。
 それぞれに色の濃淡がパーセント表示されていますので、「100%」(ベタ部分)
 に「60%の網点部分」、「30%の網点部分」を製版することで、1色印刷で作成
 することが可能です。
 

 

 (2)カード印刷の色指定-3色印刷

 下図マークの例では、「DIC2496P」を基本としていますが、それぞれに固有の色
 を指定することで、3版とし、3色印刷をする例も多くあります。

  
 
 下図のマークのような例では、個別に3色の指定をすることも多いです。
 それぞれの色を「DIC」番号にて色指定を添えていただけますと、より厳密
 な 色の再現ができます。
 それぞれに色を調整し設定しますので、鮮明で力強い仕上りになります。
 
 
 
 
 

=参考=
(1)シルク印刷の場合は、網点の部分や細かな文字は、ややつぶれ気味(やや
   濃く印刷される)の傾向 があります。
(2)色数(版の数)が少ないほど、安価に印刷をすることができます
    
 
  1.デザインについて
   
 1)トンボについて 2)アウトラインフォントについて
   
 3)DICカラーについて(本ページ) 4)塗り足しについて
   
 5)カードの印刷特性について 6)JIS規格について

         
Copyright(C) 2007. ID CARD LAB. All rights Reserved.